トラック

建物を傷つけずに引越し|費用相場を知りお得にサービスを利用

世代によって違う転居方法

ダンボール

大手チェーンは長距離向き

引っ越し業者には大きく分けて2種類があります。テレビのCMなどで知られている全国展開の大手チェーンと、地域に密着した地元業者です。どちらが優れているということではなく、それぞれの目的によって選ぶようにすると効果的です。大手チェーンの業者は長距離の引っ越しに向いています。大型のコンテナトラックがあるので、一度に荷物を運ぶことができます。業者の中には海外への引っ越しにも対応しているところがあり、引っ越し先の自由度が高いです。これに対して地元業者は近距離の引っ越しに向いています。軽トラックなどで運搬するので、住宅密集地の狭い路地でも入っていけます。小回りがきくので荷物が少ない場合には、料金も安いので便利です。

地元密着型は近距離向き

世代によって引っ越し業者の選び方も変わってきます。全国展開の大手業者をよく利用するのがファミリー世代です。子供がいる場合はそれだけ荷物も大きくなり、家具類や電化製品なども多くなるので大型のコンテナの方が便利なのです。また大手業者には色々なサービスやオプションが選べるので、主婦には好評です。例えば割れやすい食器などを入れる専用のボックスや、靴やスニーカーなどの履き物をそのまま収納できるボックスなどがあります。これに対して学生や単身者などに好評なのが地元業者です。荷物が少ないのでそれに見合った料金で引っ越しができるからです。このような業者は地元の地理にも詳しいので、抜け道を利用して素早く移動ができます。このように利用する人にとってそれぞれにメリットがあるので、自分に合った引っ越しをすることが大事です。