作業員

建物を傷つけずに引越し|費用相場を知りお得にサービスを利用

決めやすいメリット

電卓

引越し業者を選ぶにあたっては、比較サイトを利用するのが一番です。一括見積もりで費用もわかりやすいですし、サービスの比較もしやすくなっています。ただ、比較サイトもたくさんありますから、しっかりと個人情報を保護してくれるところを利用しましょう。

新しい家に住み替える

トラック

専門業者を利用する

ずっと賃貸住宅住まいだった人が福岡や東京でようやく念願のマイホームを購入することができた場合、新居へ引越しする日が待ち遠しくて仕方なくなってしまうのが当たり前です。新しい家に引越したらアレもやってみたいコレもやってみたいと期待で胸が大きく膨らんでいるはずですが、お財布の膨らみの方はペシャンコになっていることが多いです。改めて言うまでもなく、家の価格はかなり高額です。また、新居の間取りに合う家具や家電製品を買ったり、カーテンをオーダーしたりする必要があるため、かなり高額の出費を強いられることになります。出費を少しでも低く抑えるために、引越業者を利用せずに、知人や友人の手を借りて自分達だけで引越しをしようとする人がたまにいますが、それはやめておく方がよいです。引越し作業に不慣れな人が荷物を運び入れようとすると、大切な新居に傷をつけてしまう可能性が高いです。修理費用がかかって結果的に大損するハメになってしまうことが多いので、引越し作業は専門業者に任せてしまうのが一番です。

遠距離転居の場合

何らかの事情で一度も行ったことがない遠くの県へ引っ越さざるを得なくなってしまうことが時折あります。たとえば東京本社で勤務していた人が福岡支社への転勤を会社から命じられて家族全員で福岡に引越すというようなことが、実際によくあります。そういう場合、まず東京で引越業者を探すことになりますが、東京に隣接している県への引越ししか対応していないという業者が少なくありませんので、注意する必要があります。また、依頼の際には作業スタッフに着目しましょう。東京のスタッフと福岡のスタッフの間で連携がしっかり取れていれば、より信頼できる引越し業者であると言えるでしょう。

世代によって違う転居方法

ダンボール

引っ越し業者には2種類あって、全国展開の大手チェーンと地元密着型です。ファミリー世代は荷物が多いので大手を利用することが多いです。色々なオプションがあるので主婦には好評です。学生や単身者は荷物が少ないので地元業者をよく利用します。住宅地の狭い路地でも入っていけるので便利です。料金も大手より安いです。

住まいを移すということ

家電

数多くの引っ越し業者がいろいろなサービスを展開しており、引っ越しという作業が身近に手軽に実施できるようになりました。引っ越しをするに当たっては複数の業者から見積書をとることが重要となります。また、時期やサービス内容を十分に考慮し注意すれば、より良いサービスの提供を低価格で受けることが出来ます。